connyh

反正是夜鹿厨就对了。

【歌词翻译】とても素敵な六月でした/这是个多么美好的六月呵【中日对照】

科林S.der:


http://www.nicovideo.jp/watch/sm23770496




「とても素敵な六月でした/这是个多么美好的六月呵」


作詞:Eight


作曲:Eight


編曲:Eight


歌:初音ミク


翻译:科林


 


 


潰された私の体躯は酷く脆い固形と化して/被击溃的我的身躯 固化出极端的脆性


音ひとつしない市街地で忌々しい不祥を呪うのさ/在悄无声息的街道 诅咒禁忌的不祥


 


道徳の向う側であなたは吠えている/道德的彼岸传来你的吠叫


淡泊な言葉の裏側が透けているよ/冷淡的言语透出其内侧


真昼の無彩色を不穏な色にして/正午的灰度看作险恶的色彩


本当に馬鹿な嘘つき/多么愚蠢的欺瞒者啊


 


薫る夏風に誘われて霞む死神も泣いていた/被馨香的夏风邀请 虚浮的死神也落下眼泪


始まりの合図が轟いて咽ぶ飛行機雲/开始的信号轰鸣而响 凝结尾哽咽


閉塞と千の世迷言で回る膿んだ世界が終る前に/在这围绕着闭塞与千万的愚言痴语旋转的化脓的世界迎来终焉之前


夢の中さえもずっと、焼きつけたいの/渴望将其烙印,即使在梦中


 


草臥れた回転木馬、見たくもない欺瞞の産物/疲惫的旋转木马,欺瞒的产物不屑一顾


仕組まれた惨劇の丘に咲いた蓮華は枯れるのだろう/那预谋的惨剧的山丘上绽开的莲花也已枯萎了罢


 


私を穿っていく醜い透明/将我挖穿开去的丑陋透明


灰色の心が無数に悲鳴を上げるの/灰色的心无数次发出悲鸣


背徳の白い息も次第に白銀が/背德的白色气息也逐渐


覆い隠してしまうよ/被白银覆盖而掩藏


 


湿る街角に飛び散った抉る感覚を放つのさ/在潮湿的街角飞散开去 释放刨挖的快感


吠える迷子犬を葬って黒煙の立つ空に/将吠叫的流浪犬埋葬 在黑烟弥漫的天空


問い掛けと千の綺麗事で回る膿んだ世界の終りなんて/这围绕着质问与千万的华而不实旋转的化脓的世界的终焉


呆気の無いくらいでいいと、吐き捨てたいの/这般毫无惊愕就足够,想要将其吐弃


 


喚く踏切が遮って、これで全て終りなんだろう/喧嚷着的道口遮蔽着,这就是一切的终结罢


さよならの合図が轟いて溶ける飛行機雲/永别的信号轰鸣而响 凝结尾消融


 


がなる現世の境界で愚かなあなたは泣いていた/在喧嚣的现世的边界 愚昧的你哭泣着


薫る夏風に誘われて、悲しくなどないさ/被馨香的夏风邀请,并不感觉悲伤


天国も地獄も無いのなら/若是天堂与地狱皆不存在


こんな泥塗れの現実を誰が裁けるの/又有谁能够评判这般丑陋而苦难的现实


 


透過、「また会いましょう」/透过,“后会有期”




原文:


潰された私の体躯は酷く脆い固形と化して


音ひとつしない市街地で忌々しい不祥を呪うのさ



道徳の向う側であなたは吠えている


淡泊な言葉の裏側が透けているよ


真昼の無彩色を不穏な色にして


本当に馬鹿な嘘つき



薫る夏風に誘われて霞む死神も泣いていた


始まりの合図が轟いて咽ぶ飛行機雲


閉塞と千の世迷言で回る膿んだ世界が終る前に


夢の中さえもずっと、焼きつけたいの



草臥れた回転木馬、見たくもない欺瞞の産物


仕組まれた惨劇の丘に咲いた蓮華は枯れるのだろう



私を穿っていく醜い透明


灰色の心が無数に悲鳴を上げるの


背徳の白い息も次第に白銀が


覆い隠してしまうよ




湿る街角に飛び散った抉る感覚を放つのさ


吠える迷子犬を葬って黒煙の立つ空に


問い掛けと千の綺麗事で回る膿んだ世界の終りなんて


呆気の無いくらいでいいと、吐き捨てたいの



喚く踏切が遮って、これで全て終りなんだろう


さよならの合図が轟いて溶ける飛行機雲



がなる現世の境界で愚かなあなたは泣いていた


薫る夏風に誘われて、悲しくなどないさ


天国も地獄も無いのなら


こんな泥塗れの現実を誰が裁けるの



透過、「また会いましょう」




翻译:


被击溃的我的身躯 固化出极端的脆性


在悄无声息的街道 诅咒禁忌的不祥


 


道德的彼岸传来你的吠叫


冷淡的言语透出其内侧


正午的灰度看作险恶的色彩


多么愚蠢的欺瞒者啊


 


被馨香的夏风邀请 虚浮的死神也落下眼泪


开始的信号轰鸣而响 凝结尾哽咽


在这围绕着闭塞与千万的愚言痴语旋转的化脓的世界迎来终焉之前


渴望将其烙印,即使在梦中


 


疲惫的旋转木马,欺瞒的产物不屑一顾


那预谋的惨剧的山丘上绽开的莲花也已枯萎了罢


 


将我挖穿开去的丑陋透明


灰色的心无数次发出悲鸣


背德的白色气息也逐渐


被白银覆盖而掩藏


 


在潮湿的街角飞散开去 释放刨挖的快感


将吠叫的流浪犬埋葬 在黑烟弥漫的天空


这围绕着质问与千万的华而不实旋转的化脓的世界的终焉


这般毫无惊愕就足够,想要将其吐弃


 


喧嚷着的道口遮蔽着,这就是一切的终结罢


永别的信号轰鸣而响 凝结尾消融


 


在喧嚣的现世的边界 愚昧的你哭泣着


被馨香的夏风邀请,并不感觉悲伤


若是天堂与地狱皆不存在


又有谁能够评判这般丑陋而苦难的现实


 


透过,“后会有期”



评论
热度(18)
  1. connyh科林S.der 转载了此文字
©connyh | Powered by LOFTER